お金を燃やす勇気

Pocket

まず、財布から1万円札を出してください。

そして、

火を着けて下さい

 

できれば躊躇せずにやってください。

 

出来る人はいないでしょう。

1万円札とはいえただの紙切れなんですけどね。

なぜ出来ないのか説明できますか??

もちろん虎の子のお金です、人によっては命の次に大切なものかもしれません。

そんなに大切なものに火を着けるなんてできっこないですよね。

しかし、

自己啓発本とかをよく読む習慣のある人は、その考え方が間違いである事は理屈では分かっているはずです。

お金そのものには価値はなく、価値を持たせているのは持ち主であり人であるからという理屈です。

一昨日は億万長者の方とお会いしていたのですが、やはり同じことを仰っていました。

お金は使わないと入ってこないと。

そしてその方は断捨離を強く勧めていました。

まず入れ物が皆さんパンパンになっていて、無駄なものが多すぎると。

とにかくその器の中身を捨てない事には何も入れる事は出来ないし、もちろんお金も入る隙間が無いと。

貧乏人ほどお金やモノに執着して無駄なものを手放さない傾向にあると仰っていました。

だから断捨離して極力捨てる努力をすること、そしてお金もドンドンと使って(浪費ではだめですよ)きちんと投資をしていくことでしか増えないと。

これは過去に会ったことのある億万長者全員が同じことを言いました。

儲かったお金を貯めこむこともダメだと言われました。

入ってきたお金の半分は投資しないといけないとも言われました。

そこが出来るようになって初めて右肩上がりで業績があがるのだと。

いま貧乏だからこれ以上手放すお金が無くても手放せとまで言われました。

そうやって初めてお金は入ってくるのだから、その勇気を持たねばならないと。

そう言えば「金持ち父さん貧乏父さん」の中でも売上金の1/10を寄付する話があったような記憶があります。

世界の大富豪は例外なく多大な寄付をしたりするのもきっと同じ理屈でしょう。

手放す事で更に入っていることを理屈ではなく分かっているのです。

そう言えば親しい友人は毎日広告費に20万円くらい掛けていると言っていました。

20万円掛けて40~50万円を回収するんです。

この感覚分かりますか?

手放すことで初めてスイッチが入ります。

損して得取れとは古くからある格言ですが、意味があっているかどうかは自信ないですが、これって言い得て妙なのです。

ボクたちのようにビジネスをやっている人間からすると、「タダほど高いものは無し」という格言も実に身に染みてわかります。

タダはダメなんです。

ネット社会でタダで情報を得て得したと思っている人は、実は大損しているという事実を知らなければなりません。

賢明な方は然るべき所や人にまず最初にお金を投下します。

貧乏人ほどお金を渋って無料の情報をネットで探します。

そして結果的に何も得る事が無いまま、時間という人生で一番大切なものを失います。

本当にお金や自由が必要ならば、さっさとメンターを見つけて100万円くらい払うことをお勧めします。

そのメンターが本物ならば、半年後にその100万円は元を取っていることでしょう。

そして1年後には1000万円になっている可能性は十分にあります。

お金はこうやって増やして行きます。

他にも方法はあるのでしょうが、ボクが知っている一番簡単で確実な方法はこれです。

 

何はともあれ

まずはお金を燃やすことです。

いや、これは犯罪になりますので、、、

せめて近所の神社の賽銭箱に1万円札をいれてみるとか、

コンビニで1万円札で缶コーヒーを買って、残りのお金を募金箱に入れるとかやってみるといいかもです。

執着を取ることは勇気がいります。

しかしそこからきっとスイッチが入ってお金が流れ始めます。

流れるプールのように、流しそうめんのようにグルグルとww

金は天下の回りモノなのですから。

にほんブログ村 小遣いブログへ←クリックして貰えると嬉しいです!
にほんブログ村

◆まずは行動すること!

小さな事からでいいんです

ブックメーカー動画が欲しい方はご登録ください

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です