人生は脱落ゲーム

Pocket

ボクの元には日々沢山の方が来られます。

問い合わせの理由は様々ですが、皆さんに共通している事は1つだけ。

それは、

稼ぎたいということ。

しかし、残念ながら稼げるようになる方は常に一定数しかいません。

これはどうしてなのか?について今日はお話をさせて頂きます

以前も同じ内容で記事を書いていますので、こちらも参考にして頂ければと思います。

ビジネスも人生も脱落ゲーム

なぜ人は脱落するのか?

昨日実際に体験した事を元にお話をさせて頂きます。

昨日は、とある通話セミナーに参加していました。

このセミナーの参加者は、稼ぐ為に集まった有志で結成されたスクール生達です。

このスクール生の中の一人からこんな意見が出ました。

「ボクは稼げると聞いたからこのスクールに入ったのに、なぜ稼げないんですか?」
「ボク以外にも稼げない人がいます。なぜその人達を集めて講義をしたり、稼がせるための努力をしてくれないのですか?」

このスクールの名誉のために言いますが、このスクールは、常に講師がほとんど付きっ切りで指導してくれます。ほとんど24時間体制でLINEで様々な問い合わせに対しても素早く回答してくれます。

落ちこぼれそうな人を救う為のLINEグループも存在してます。

つまり、普通ありえないくらいの手厚いサポートをしています。

それでもこの方は自分が上手く行かない事に対して苛立っているようでした。

 

もうお分かりだと思いますが、この方は残念ながら一生稼ぐ事は不可能です。

 

実は、この話が出る前に、マインドがいかに稼ぐ為に必要かについての講義もあったのですが、このマインドについても、この方はどうしても理解できないという主張をされていました。マインド云々ではなくテクニックを知りたいという理屈です。マインドと言う言葉で逃げるなという主張のようにも聞こえました。

 

後で分かったのですが、彼はこのスクールを辞めた方と連絡を取り合っているようです。

 

例えば、東大に入りたい人がいるとします。

この人は東大に入る為に予備校に通います。そこには全国から沢山の有志が集まっています。

しかし、いくら有志の集まりとはいえ、東大に通るのは常に一定数しかいません。

もしも不合格になったとしても、合格者とは授業で教わる内容も教科書も同じなのです。

全員が通る事はありえないので、不合格者がいるのは仕方がないのです。

そして先ほどの方は落ちた人にわざわざフォーカスしています。

本来ならば、合格した人にフォーカスして学ぶべきところです。

しかし、逆に落ちた方にフォーカスして、不平不満を募らせています。

落ちた方にフォーカスして、次年度に合格出来るよう施策を考えるのは予備校側のやる事です。

この人のやるべき事は合格者にフォーカスすることのみです。

まして人のせいにするマインドでは、生涯お金どころか真の幸せも何も掴むことは出来ないでしょう。

 

それでは、この方を滑稽だと笑えるでしょうか???

自分自身の事を考えてみて下さい。

LINEで頻繁に連絡を取っている上位5人はどんな方ですか?

その方々の平均収入はいくらですか?

何が言いたいか分かりますか?

この上位5人にあなたはフォーカスしています。

では、この5人は失礼ながらあなたが目指すべき対象でしょうか?

大事な事は、成功者にフォーカスすることなんです。

 

なにも仲の良い友人と連絡を取るなと言っている訳ではありません。

成功したいのであれば、頻繁に連絡を取るのは成功者にすべきだという事です。

成功への近道は、成功者との接触頻度を上げる事が最優先です。

フォーカスすべき人はあなたがなりたい人です。

あなたが理想とする生活を手に入れている人です。

LINEやメールの上位5人がこの人達なら、あなたはきっと近い将来成功することでしょう。

もしもそうでないならば、すぐにフォーカスすべき人を変える事です。

最初は気疲れする事でしょう。しかし、やがてそれが普通になり当たり前となります。

そして、ふと気づくと見える景色が変わっている事に気付きます。

 

公式LINEではボクと個別に連絡がとれます。
登録はお気軽にどうぞ(^^)/

友だち追加

ランキングサイトに登録しています。クリックして頂けるとめちゃ喜びます!
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

人生は脱落ゲーム」への2件のフィードバック



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です