ノウハウの終わりが人生の終わり

Pocket

もうタイトルそのままですww

分かりますか??

過去にネットビジネスで辛酸をなめた方は

すんなりと受け入れることが出来ると思います。

つまりいかなる優れたノウハウでもいずれ

終わりがやってくるということです。

デジタル社会はとにかくスピードが半端ないです。

昨日まで趨勢を誇ったものが今日は凋落の一途

ということも珍しくありません。

これがノウハウの恐ろしい所です。

それでもあなたはノウハウに頼りますか?

フェイスブックでのバイラルメディアも一瞬でした。

当時月に100万円以上稼いでいた知人はすでに

撤退を余儀なくされました。

これが現実。

しかし、当時このフェイスブックのノウハウを売っていた人は

まだしぶとく残っています。

もちろん販売するのは別の商品。

これはオーナーとプレーヤーの違いと言ってもいいですね。

仕掛ける側と仕掛けられる側の違い。

プレーヤーはそのルールが変わる度に一喜一憂

しなければなりません。

フェイスブックやグーグルのアルゴリズムに一喜一憂するわけです。

ここに心の平和や安心安定はありますか?

いつの世も賢い人たちはオーナー業を選びます。

プレーヤーを否定するつもりはありません。

人には向き不向きがありますし、好き嫌いもあります。

ただ、知っておいて欲しいのです。

ボクはプレーヤーでも頑張っていればいつかはオーナーのように稼げるようになると何の根拠も無く思っていました。

でも全然違うんです。

オーナーとプレーヤーの間には明らかな溝があります。

当時のボクのように勘違いしている人は少なく無いと思います。

だから敢えて言います。

いつの世も稼ぐのは仕掛ける側です。

ノウハウが終わる時が人生の終わりにならないように

いつも考えておきましょう。

 

ランキングに参加しています。クリック!

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

超有料級の情報を配信しています

公式LINEにご登録ください
友だち追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です